薬剤師の求人を検索しよう

薬剤師もある程度の対人能力は必要

薬剤師もある程度の対人能力は必要薬剤師の求人は多く一般的な求人より競争率は低い薬剤師のパートの時給、2~3000円は当たり前?!求人サイトに登録すると非公開情報も紹介してもらえるように

最近は有資格者の就職というのが見直されるようになっています。
昔は看護師といっても肉体的に負担が重い仕事であると思われていて、それほど人気の仕事ともいえなかったのですが、今は看護学校や大学の看護学部というのはかなり競争率も激しくなっています。
これも手に職といった感覚で資格があることで、体は少し大変であっても長く続けられてある程度の安定して収入を得ることができると思われるようになったのです。
こういった傾向は医師や薬剤師などでも同じことです。
医療系の仕事というのは専門職というジャンルに入ることから、一度国家資格を取っておけば、それを一生使っていくことができるようになるのです。
世の中の認識として変化がある時代で、より多くの人が資格を取ることができるようにしようと努力するようになりました。
子供のころから医療系の仕事に就く準備を始める人もいれば、高校生の時に進路選択の際によく検討をして決めていくことになる人もいることでしょう。
そういった中でも薬剤師というのは、理系女子の憧れの仕事でもあります。
この仕事というのは自分が大学などで学んできたことを仕事に直結させることができるので、専門知識を活かすことができます。
また、体の負担がそれほどなく、調剤や服薬指導をしていくようになります。
接客をしていくことになるので、ある程度の対人能力は必要になるのですが、それが可能であれば長く続けることもできるのです。

ネット検索で薬剤師の求人情報を見つけたときの体験談

大学まで行き薬剤師の資格を獲得したものの、家庭の事情で家業を3年ほど継がなくてはならなかったので、希望の仕事に就けずに悩んでいた時期がありました。
しかし家業が一段落して、人手が少なくなったとしても問題ないので転職していいと両親から言われたことから、半ば諦めかけていた薬剤師になろうと情報収集を始めました。
まずはハローワークやフリーペーパーのように無料で手に入る求人広告紙ではなく、インターネット検索から薬剤師の求人情報を探してみようと地域も含めて検索にかけてみました。
すると該当するホームページが複数出てきて、その内の一番上に表示されたサイトにアクセスしてみたところ、ほぼ希望通りの案件が一気に二つも見つかりました。
最初から住所など勤務したい地域を含めて検索にかけたので、どうやらその部分が上手く作用したようでした。
一応二番目に表示されたサイトにもアクセスしておいたのですが、一番上に表示された薬剤師専門の転職支援サイトのほうが使いやすそうだったので、
結局そのまま専門サイト経由で就職できそうな薬局とドラッグストアにアポイントを取りました。

最初に面接を受けにいったのは薬局の方で、小さめで古い薬局ではあったもののお給料は良さそうでした。
ただ事前にサイトで確認しておいた正規雇用の勤務形態ではなく、非正規雇用の人材が欲しいと言われてしまったのでそこへの就職はこちらからお断りさせていただきました。
次に面接を受けたドラッグストアのほうは、正規雇用で雇ってくれると最初の段階から約束してくれましたし福利厚生の面から見ても優れていると感じたので、
そのままそのドラッグストアで働くことにしました。
転職支援サイトから採用されたことへのお祝いのメールも届きましたし、お給料を初めとした求人情報に書かれていた情報にも偽りがなかったので良かったです。

インターネット上に存在している沢山の求人情報サイトをひとつひとつしらみつぶしにアクセスして、
理想の求人案件に辿り着くまで情報収集を続けるくらいなら最初からインターネット検索を活用したほうが早いということを、この体験で改めて認識しました。
最近のインターネット検索システムはかなり優秀で、こちら側が欲しいと感じている情報を的確に提示してくれるからです。
薬剤師専用の転職支援サイトを探したいといった目的だけだったとしても、
様々なリンクを辿るよりサッサとネット検索にかけてしまったほうが時間の節約になるので個人的にはおすすめです。
これも個人的な体験からの主観なのですが、景気が上向きになっておりどの業界でも人手が足りないといった雰囲気が蔓延している今現在は、
薬剤師として就職するのは資格さえ持っていれば難しく無いと言えるでしょう。
事実アルバイトも含めた求人案件の数は人口が少ない田舎であっても結構な数がありますし、新規で開店されるチェーン形式のドラッグストアの数も年々増えているからです。

実際にドラッグストアに勤務している身としてもう一つ言えることは、
薬剤の調合より市販薬の説明や商品選びのアドバイスなどがメインの仕事になるので薬剤の調合があまり得意でない方でも気軽に就職できるということです。
薬学の知識と有資格者であることが求められるような職場ですので、資格を活かしてお客様個人個人に合ったおすすめの市販薬を提供するような仕事をしたい方なら、
確実に満足感が得られるとも言えるでしょう。
せっかく正社員として雇い入れてもらっているので出来るだけ長く今の職場で働くつもりではありますが、
より高給な職場をネット経由で見つけたようなら条件次第で将来的な転職も検討したいと考えています。